協会マーク 公益財団法人徳島市地場産業振興協会 770-0868徳島県徳島市福島1-8-22
TEL:088-626-2453/FAX:088-626-2473
Email:info@jibasan.org

木工会館外観
トップページへ
木工会館貸館ページへ
イベント・セミナーページへ
地場産品紹介ページへ
協会事業報告ページへ
リンクへ
 イベント・セミナーのご案内

       問い合わせは公益財団法人徳島市地場産業振興協会電話626-2453まで         

 現在開催中のイベント情報

イベント・セミナー 内       容
情熱の女達からの
メッセージ~

県手工芸家協会
展示会

情熱の女達からのメッセージ~
県手工芸家協会展示会

県手工芸家協会は、40年以上の歴史があり、会員それぞれが独自に磨いてきた技や心を発表するため、創立以来「県手工芸展」や「移動県手工芸展」などの活動を続けておられます。業界の慣習や既成概念とは一線を画し、豊かな発想に基づく斬新な作品づくりで高い評価を得ております。特に今年は、全国公募の手工芸展が45回の節目を迎えることから、作品づくりに拍車がかかっています。


と き 平成29年8月23日(水)~9月10日(日)午前9時~午後5時
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室

展示品
パッチワークキルト、組みひも、木彫、ビーズアート、レザークラフト、かがりまり、クレイアート、折り紙、押し花、木目込み人形、かずら工芸、和紙ちぎり絵、染色、七宝、編物、ステンドグラス、ガラス工芸、シャドーボックス、デコパージュ、カービング、フラワーデザイン、藍染、ジュエリーアクセサリー、さをり織など
                               34人 35点

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料







初代「ゴジラ」俳優・
中島春雄さん
追悼展

初代「ゴジラ」俳優・中島春雄さん追悼展

「ゴジラ」(東宝が1954年に公開した特撮怪獣映画)で、初代ゴジラを演じた俳優・中島春雄さんが8月7日、亡くなりました。大手メディアをはじめ、世界の有力映画サイトが一斉に報じ、その影響力の大きさが改めて示される形となりました。中島さんは、1921年に山形で誕生。「ゴジラ」を皮切りに、12作でゴジラを演じ、スーツアクターとして名を馳せた。
 中島さん死去の報に接し、多喜田昌裕さん(郷土文化研究家)から西口泰助さん(映画資料館キネマミュージアム代表)へ、追悼展開催の働きかけがあり、互いに関係資料をもちより、このたび展示会が開かれる運びとなりました。
 この機会に、ゴジラを演じた俳優として海外でも知名度の高い、スーツアクター中島春雄さんを偲んでいただければと思います。


と き 平成29年8月18日(金)~9月3日(日)午前9時~午後5時
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室

展示品
(1)映画ポスター:ゴジラ(1954年・昭和29年)、ゴジラの逆襲(1955年・
 昭和30年)、モスラ(1961年・昭和36年)など約10点
(2)ゴジラのぬいぐるみ 1点
(3)ゴジラのフィギュア 約10点
(4)パンフレット・雑誌 約20点など 合計約50点

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






素朴で
温かみのある
食卓を演出~

南 政信の
木の器展

素朴で温かみのある食卓を演出~
南 政信の木の器展

南 政信さんは、8年前に、ろくろ加工を教えてくれる香川県内の木工所で指導を受けました。また、徳島市内の木工所でも指導を受けました。4~5年経って、ロクロの旋盤を購入し、本格的にロクロ加工に取組み始めました。南さんは、自分の所有するロクロに適合した包丁を作るため、市販の削り包丁を再加工するなど、努力を惜しみませんでした。作品の出来栄えは完璧で、ここに「木地師 南 政信」さんが誕生しました。当協会では、異色の経歴を持たれる名工が居られることを知り、展示会の開催方をお願いし了承いただいたものです。


と き 平成29年8月17日(木)~9月3日(日)午前9時~午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階第3展示場

展示品
抹茶椀、コップ、湯呑み、杯、皿など
                                   約50点

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






温もりのある手仕事

ゼロ・ウェイスト
アカデミーの
活動展

温もりのある手仕事&
ゼロ・ウェイストアカデミーの活動展

昔の人は、畑仕事の後や冬場などに色んな生活用品を作っていました。現代の生活では見ることも少なくなってきましたが、その文化は今も上勝町に息づいています。後世に伝えていきたい「ふご」(わらで編んだかご)を紹介します。また、上勝のおばあちゃんたちが、昔ながらの知恵や縫製技術を活かして、鯉のぼりの中で使えなくなったものや、タンスに眠ったままの着物など、不要になった布や綿などからリメイク用品を作り出しています。今まで捨てられるはずだったものが、おばあちゃんの手によって役割を取り戻し、輝きを放つことになりました。
次にNPO法人ゼロ・ウェイストアカデミーは、主に町内で3R(reduce,reuse,recycle)を推進する様々な活動を行うほか、環境に配慮できる人材を育てること。ゼロ・ウェイストに関する調査・研究をすること。ゼロ・ウェイスト的な商品を開発することを目指しています。
 お盆の前後には、県外客や帰省客で徳島は賑わいます。このような時期に合わせて、上勝町の暮らしやNPO法人の活動を広く知っていただいたらということで展示会を開くことにしました。


と き 平成29年8月9日(水)~8月27日(日)午前9時~午後5時
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室

展示品
ふご(わらで編んだかご)、ほうき、鯉のぼりのリメイク用品、着物リメイクの小物(バッグ、雑貨)、NPO法人ゼロ・ウェイストアカデミーの活動紹介(写真パネル)など
                                   約100点

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






昭和21年
ポスターも展示・
山の日記念

山への憧れ&
恵み展

昭和21年ポスターも展示・山の日記念
山への憧れ&恵み展

山の日は、平成26年に制定され、平成28年に施行された日本の国民の祝日の一つです(8月11日は、国民の祝日「山の日」となりました)。「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨としています。当協会では、「山の日」を記念して、県手工芸家協会や木工作家の皆様に呼びかけ、山に対する思いや、感謝の気持を伝える展示会を開催することにしました。手工芸家協会の皆様には、山に対する憧れや畏敬の思いなどを伝える力作の展示をお願いするとともに、木工作家の皆様には、県内の山から生まれた木製品を発表していただきます。身近な山について、考え直すきっかけになれば幸甚です。


と き 平成29年8月4日(金)~8月20日(日)午前9時~午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階多目的ホール

展示品
(1)山の作品
 山の姿・・パッチワーク、
 常念岳・安曇野・赤冨士・・和紙ちぎり絵 
 高越山・富士山・・木彫、祖谷・・藍染
                                 合計11点
(2)木製品
 積木・スプーン・犬の時計(神山産)、遊山箱・弁当箱(三好産)、写真立て・コップ(木頭産)、すし桶・玩具(上勝産)
                                 合計20点
(3)昭和21年発行の徳島県の貴重な「薪・木炭増産」啓発用ポスター
                                     2点
出品者
 小栗加代子、松島敬子、小原朝子、工房正峯、近藤美佐子、丸恭工芸、山口木工、川口指物家具工房、(有)時本製材所、我楽多工房 

保育園児を招待
 子どもの頃から山に関心を持ってもらうため、保育園児(もとしろ認定こども園の5才児19人)を招待します。

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






木彫りに魅せられ
50年~

木彫作家・
上杉貞子の
里帰り展

木彫りに魅せられ50年~
木彫作家・上杉貞子の里帰り展

上杉貞子さんは、阿南市橘町のお生まれです。26才で結婚し、高松市に転居。33才の時から、木彫りのルーデンス(オランダ語で遊び、ゆとり)を主宰し、木彫りの教室を開きました。35才になって、ルーデンスの展示会を2年間隔で開くようになり、高松市民に木彫りの魅力を伝えるようになりました。現在、香川県内で木彫り作家として広く認知されています。
今年は、上杉さんが木彫りを始めて50年目という節目の年です。このため、観光客や帰省客が集中するお盆の時期に合わせて、記念の個展の開催方をお願いし、了承いただきました。上杉さんは「木を削ることが好きで、没頭することにより、自分の世界に入る喜びを感じます。分厚い一枚の板と彫刻刀を前にして、自分の頭で描いた世界を彫りあげていくことに感動を覚えます」と話してくださいました。


と き 平成29年8月2日(水)~8月20日(日)午前9時~午後5時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場

展示品
壁掛け鏡、レリーフ、聖母マリア、チェスト、屏風、額など約50点

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






蔦 哲一朗さんが

駆除鹿皮の
藍染革製品を完成

蔦 哲一朗さんが
駆除鹿皮の藍染革製品を完成

蔦さんは、6月13日に木工会館に見えられ、まずは県民の皆様に、藍染革製品が完成したことを報告するため展示会を開催することにしました。また、次のステップとして、駆除鹿皮と、藍染、それに革職人の高度な技で生まれた藍染革製品を産業振興につなげるべく、阪急や伊勢丹などデパートでの展示や、インターネット上での販促活動を進めることにしました。このため、クラウドファンディング、つまり「専用のインターネットサイトを通じて、世の中に呼びかけ共感いただいた方から広く資金を集める方法」により、実現したいと考えています。


と き 平成29年6月26日(月)~8月20日(日)午前9時~午後5時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場

展示品
財布、名刺入れ、がま口、小銭入れ、アイホン専用ケース、キーホルダー、手袋、ポーチ、藍染革、染色革
                                     18点

記者への説明
 6月26日(月)午前10時から、徳島市立木工会館で、蔦 哲一朗さんと三木直人さんが、今後の取り組みの説明をさせていただきます。 

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






三好産の木製品と
物産を木工会館に
常設展示

アンテナショップを
開設

美しい三好の山やそこで生まれた物産は貴方を癒してくれます
三好産の木製品と物産を木工会館に常設展示
~アンテナショップを開設


 去る9月21日から10月8日まで、三好産の間伐材や端材でできた「可愛い木製玩具・小物展」を開催し、これに合わせて、食料品など三好の物産も展示即売しました。
 木製玩具は、木の滑らかな肌触りと木目の優しさが温もりを感じます。特に三好産の玩具は、子どもにも大人にも可愛いデザインで、素朴で飾らない美しさがあり人気を集めました。
 このたびの企画展が大いに成功したものと考え、これを次につなげていくため、これらの木製品や物産を常設展示させていただけないかとお願いをし、快く了承していただき、ショップの開設となりました。歴史とロマン溢れる阿波の秘境ともどもPRしていきたいと考えております。


と き 平成24年11月15日(木)~   9時~17時
ところ 徳島市立木工会館 2階 第3展示場

展示品
 ①木製玩具:手押し車、うさぎの輪投げ、車、バッタ、木馬、ミニキッチン、カタカタ、恐竜のなかま、楽しいなかま(草原・牧場・水)など47点
 ②木製品:子ども用イス、犬のイス、タオル掛け、鍋敷き、動物箸置き、ペン立て、ストラップ、プランターカバーなど
                                   約100点

入場無料




過去のイベント・セミナー情報へ
  2017
 2016 2015 2014 2013 2012
 2011 2010   2009  2008 2007